温度4種類の源泉掛け流しラジウム温泉で体に合った入浴が楽しめる 増富の湯

登山者に人気らしい瑞牆山(山に全く知識なし・・)の麓にある増富の湯の紹介。
笛吹市からだと途中中央道を使っても1時間30分ほどかかりますか。
中央道を下りてからはひたすら山道を走ります。途中ダム湖であるみずがき湖のほとりにあるビジターセンターでトイレ休憩。
ちょっとした食事もできるようです。

増富の湯 みずがき湖

増富の湯 みずがき湖


ビジターセンターというか増富全体でラジウム星人推しのよう。手作り感満載の絵本やTシャツが売っておりました。
プチ情報ですが湖の反対側に美味しいと評判の焼き鳥屋さんがあるようですが、この日は定休日。残念。
増富の湯 ラジウム星人

増富の湯 ラジウム星人


もう一息山道を登るとようやく目的地の増富の湯へ到着。
さすがに瑞牆山の麓、水がとても綺麗でした。
増富の湯 清らかな清水

増富の湯 清らかな


こちらは瑞牆山への登山者の利用も多い温泉施設なので、この日も登山客が多め。
車がなくても、JR韮崎駅からバスが出ているので時間はかかりますが利用できます。
増富の湯 ロビー

増富の湯 ロビー


増富の湯はタイトルにもあるようにラジウム泉です。温度差(25度・30度・35度・37度)のある4種類の源泉の中から、我慢せずにリラックスして入れる温度を選ぶことができ、暑いお風呂が苦手なスタッフでも無理なく長風呂ができました。
また『温泉入浴指導員』が常駐しているので、入浴指導も受けられますよ。
増富の湯 男湯

増富の湯 男湯


お風呂を堪能した後は、お腹がもちろん空いてきますよね。
館内には花豆食堂とお店が入っていて、美味しいお蕎麦とお店の名前にもなっている花豆というお豆の甘味が味わえます。
増富の湯 花豆食堂

増富の湯 花豆食堂


花豆がなっているのがわかりますかね? 写真だと小さく見えますが、とても大きな豆になります。
また淡いピンクとチョコレート色のまだら模様になり、見た目も可愛らしいお豆さんです。
増富の湯 花豆

増富の湯 花豆


この日はもりそばと小丼セット 1,000円を注文。というか食券機で先に食券を買うシステムです。
増富の湯 もりそばと小丼セット

増富の湯 もりそばと小丼セット


ちゃんとした手打ちそばでした。こういう施設だと乾麺などを出すところが多いので珍しい気がします。煮干し出汁の効いたお汁でいただきます。
増富の湯 そば

増富の湯 そば


こちらはこの日の丼モノ、とろろ丼です。自家製味噌で味付けされたとろろ芋は風味豊かでとても美味しく、また食べたい丼でした。
増富の湯 とろろ丼

増富の湯 とろろ丼


デザートに信玄ソフト 450円をいただきました。あんこときな粉、黒蜜の体に優しいスイーツ・・・と思って食べました。
ソフトクリーム食べてる時点でダメでしょ的な感じはありますが。
増富の湯 信玄ソフト

増富の湯 信玄ソフト


なかなか風情ある外観ですよ。
近いうちにまた行きたい温泉となりました。
増富の湯 外観

増富の湯 外観


増富の湯
住所:山梨県北杜市須玉町比志6438
電話番号:0551-20-6500
営業時間:4月1日〜11月30日/10:00~19:00  12月1日〜3月31日/10:00~18:00
定休日: 5月~11月/毎月第4水曜日  12月〜4月/毎週水曜日
駐車場:あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*