山梨県立美術館で開催中の特別展「デザインあ展 in YAMANASHI」

6月9日まで山梨県立美術館にて開催中の特別展「デザインあ展 in YAMANASHI」を観て来ました。
デザインあ展とはこどもたちのデザインマインドをはぐくむ番組NHK Eテレ「デザインあ」をもとに実際の体験に発展させた体験型展覧会です。
大きくカテゴリ分けすると
観察のへや  身のまわりにあるモノ・コトから、「お弁当」「マーク」「容器」「からだ」「なまえ」の5つのテーマを取りあげます。
体験コーナー 番組で人気の「デッサンあ」「みんなのあ」「もん」を、会場内で描いて 体験できるコーナーもあります。
体感のへや  番組オリジナルソングや音楽とぴったりシンクロする映像が、展示室の四方の壁面いっぱいに映し出されます。
概念のへや  場、時のながれ、人のうごきを、デザインを通してどう感じているのか。「空間」「時間」「しくみ」のテーマを取りあげます。
となっています。
入ってすぐは「観察のへや」。

デザインあ展 観察のへや

デザインあ展 観察のへや


卵料理の過程が模型になっています。改めて見ると面白い。
デザインあ展 観察のへや 卵

デザインあ展 観察のへや 卵


一つのお弁当に使われている食材を並べると
デザインあ展 観察のへや 弁当

デザインあ展 観察のへや 弁当


こんなにもたくさんの種類が使われていることを可視化しています。小さい子にはきっと新鮮に映りますよね。
デザインあ展 観察のへや 弁当の材料

デザインあ展 観察のへや 弁当の材料


また人を象形にする過程を展示。来年のオリンピックにも使われる種目別のマークであるピクトグラムというマークもこのように作られていきます。
デザインあ展 観察のへや サイン

デザインあ展 観察のへや サイン


体験型なので、このように触れる展示も沢山あります。そして説明し忘れましたが、写真も撮影OKなのです。
デザインあ展 観察のへや 器のモンタージュ

デザインあ展 観察のへや 器のモンタージュ


またこちらの展示。何をしているところだと思いますか?
気になった方はぜひ行って答えを見て来てください。
デザインあ展 観察のへや 何しているところ?

デザインあ展 観察のへや 何しているところ?


観察のへやをすぎると「体験コーナー」に入って来ました。
デザインあ展 体験コーナー

デザインあ展 体験コーナー


画伯!と声をかけたくなる後ろ姿。女の子は真剣に目の前の物を描いていました。この日は甲冑でしたが、期間で変わるようです。
描いた絵は甲冑の後ろにある壁面に映し出されます。
デザインあ展 体験コーナー デッサン

デザインあ展 体験コーナー デッサン


こちらは「野良フォント」なるもの。今はプロが作ったフォントを使用していますが、一昔前は今となっては誰が作ったかもわからないフォントが沢山あったのですね。そしてどれもノスタスジックな風合いが醸し出されています。
デザインあ展 体験コーナー 野良フォント

デザインあ展 体験コーナー 野良フォント


さらに奥へ進んで行くと「家紋」を描いてみようというコーナーがありました。
スタッフは仕事でトレースをすることも少なくないので、パス。仕事スイッチ入ってしまいそうなのでね。。
デザインあ展 体験コーナー 家紋を書く

デザインあ展 体験コーナー 家紋を書く


円と直線を組み合わせて描く手順を見るとなるほど!と思わず唸ってしまいます。
デザインあ展 体験コーナー 家紋を書く

デザインあ展 体験コーナー 家紋を書く


さらに進むと「体感のへや」へ。壁一面360度に映像が映し出され、映像に合わせテンポよく音楽が流れます。
デザインあ展 体感のへや

デザインあ展 体感のへや


溢れる「あ」・・。
デザインあ展 体感のへや 溢れる「あ」

デザインあ展 体感のへや 溢れる「あ」


子どもを飽きさせないテンポの良さと映像の面白さはトップクリエーターたちが関わっているからこそ。
デザインあ展 体感のへや 興味津々の子ども

デザインあ展 体感のへや 興味津々の子ども


最後のへやは「概念のへや」。壁に空いた穴には人のイラストがアイコンであるところは子どもが出たり入ったり。
細長い穴はなんだろう?と近づくと
デザインあ展 概念のへや 空間

デザインあ展 概念のへや 空間


あら、一反もめん。笑いも忘れてない。
デザインあ展 概念のへや 一反もめん

デザインあ展 概念のへや 一反もめん


隣では興奮気味に子どもが出たり入ったり。
デザインあ展 概念のへや 空間を通り抜ける子ども

デザインあ展 概念のへや 空間を通り抜ける子ども


子どもだけでなく、若いお姉さんたちもくるくる回っていた歯車になってみようのコーナーなど、時間や空間の概念というものを堪能しました。
デザインあ展 概念のへや 歯車になる

デザインあ展 概念のへや 歯車になる


ファミリーで行ってもぼっちで行っても楽しめますよ。
デザインあ展 山梨県立美術館

デザインあ展 山梨県立美術館

山梨県立美術館 特別展「デザインあ展 in YAMANASHI」
住所:山梨県甲府市貢川1-4-27
電話番号:055-228-3322
営業時間:9:00〜17:00(入館は16:30まで)
定休日: 月曜日
駐車場:あり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*