一福の味を受けついだ女性が店主のラーメン店 ICHIFUKU~澪(レイ)~

甲府市朝気にあるICHIFUKU~澪(レイ)~の紹介。
「一福」は山梨で人気のラーメン店でしたが、ご主人が病気で若くして他界。亡くなる前に「ICHIFUKU」の店主に店の味を伝え残したといわれています。
そして「ICHIFUKU」の店主は女性なのですが、スタッフも全て女性の珍しいラーメン店に生まれ変わりました。店内もラーメン店というよりはカフェのように小洒落た作り。
でも女性にはとても入りやすい雰囲気です。

店内はテーブル席が3つとカウンターのみで、昼時はすぐに満席になってしまいます。
コロナの第一波のころはお客さんはほとんどいませんでしたが、現在はかなり客足は戻ってきているようです。入り口は空いていて、アルコール消毒など対策をしているようですが、心配な場合はテイクアウトもあるのでおうちで「ICHIFUKU」の味を楽しむのもよさそうです。

主なメニューです。人気はつけそばですがなかでも味玉つけそばが人気でした。
つけそば・支那そばは一福の味を受けついだ正統派醤油スープ。「ICHIFUKU」オリジナルは一福のスープに煮干しをブレンドした~澪~おさかなスープも人気のようです。特製には味玉+チャーシュー+のりがトッピングされた少し贅沢仕様。

  • つけそば 790円
  • 味玉つけそば 900円
  • 特製つけそば 1,090円
  • 支那そば 700円
  • 味玉支那そば 800円
  • 特製支那そば 990円
  • おさかなつけそば 810円
  • おさかな味玉つけそば 92円
  • おさかな特製つけそば 1,10円

サイドメニューには餃子がありますが、オリジナル餃子・青しそ餃子・しょうが餃子の3種類があります。どれも5個で470円なり。
青しそとしょうがはニンニク不使用なので女性や営業職の人はうれしいですよね。ということで青しそ餃子を注文。女性が食べやすい少し小ぶりなサイズでしたが、外はカリッと中はジューシー。そして口に入れると青しその香りが広がりさっぱりといただけました。

人気はつけそば!と書きましたが、この日はなんとなく特製支那そばにしました。
シナチクが太くて食べ応えがあり、低温調理されたチャーシューはとても柔らかかったです。

何と言っても一福の味を受け継いだ醤油ベースのスープ。懐かしいあっさりとした支那そばスープに縮れ麺がよく合います。濃い風味ではなく鶏ガラの旨味がするあっさり系のスープです。

15:00まで営業しているので、少し時間をずらせば並ばずには入れそうです。
またテイクアウトも扱っているので、本格的なラーメンを持ち帰りゆったり家で食べるのもありだと思います!


ICHIFUKU ~澪~

住所:山梨県甲府市朝気2-1-23
営業時間:11:30~15:00
定休日:日曜日
駐車場:9台

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*