春の味覚、筍を筍づくしコースでいただきに 旬の味もちづき

CEO

甲府市徳行アルプス通り沿いのスターバックスの裏手にある旬の味もちづきの紹介。

少し前に仕事関係の方に連れていっていただきました。
旬のものを頼めば出してくれるよというお言葉に、ちょうど旬だった筍をリクエスト。スタッフは筍に目がないのです。
テーブル席と小上がり、カウンターがあり、現在は夜、予約のみとなっています。店内はシックで落ち着いた雰囲気です。

もちづき 店内 テーブル席
もちづき 店内 テーブル席

つき出しは桜の花が添えてあり、素敵な演出がされていました。
奥からお出汁の効いた餡がかかった湯葉、極細のもずく酢、春が旬のホタルイカの黄身酢和え、わさびの葉の辛味が程よいアクセントになっているカニとわさびの葉の和え物、柔らかい煮アワビ。

もちづき コース つき出し
もちづき コース つき出し

椀盛はこちらも春が旬のあさりを使った茶碗蒸し。たっぷりとあさりの出汁を使った茶碗蒸しはもう一杯食べられそうなおいしさです。
そして強肴になるのですかね。揚げ物は人生初の胡麻豆腐の揚げ出し豆腐。豆腐とは異なり、もっちっとした食感に衣のサクッと感、そしてわざとつけたであろうおこげの香ばしさ! タレはこちらもゴマダレで追い香ばしさ。

もちづき コース 碗盛(茶碗蒸し)
もちづき コース 碗盛(茶碗蒸し)
もちづき コース 強肴(揚げ物)
もちづき コース 強肴(揚げ物)

お造りは色々な旬の魚が盛り付けられていました。でも全部思い出せない・・。
車海老・イカ・金目鯛・帆立貝・鯵など。醤油と煮切り酒でいただきました。煮切ったお酒はふんわりと甘みが残り、醤油ほど主張しないのでイカや貝などの味を引き立ててくれます。

もちづき コース お造り
もちづき コース お造り

そしてここからお待ちかねの怒涛の筍料理が運ばれてきます。この日のために一番状態がいいだろうとご主人が熊本の筍を仕入れてくれていました。
まずは焼き筍。醤油の香ばしい香りと、焼くことで凝縮された筍の味わい。筍大好きなのですが今まで焼き筍を食べたことがなかったのですよね。野菜は焼くと本当に美味しくなります。

もちづき コース 焼き物(筍)
もちづき コース 焼き物(筍)

仕事先の方が好物なので出してくれた鴨と筍の焼き物。スタッフは苦手なのですが、鴨独特の野性味ある味はあまりせず、赤みであっさりとした味わい。醤油の焦げた部分が香ばしい焼き物でした。
もう一品、旬の鰆のたたきです。皮目を香ばしく焼き上げ、中は絶妙な火加減でレア。皮と身の間の脂が本当に美味しい一品でした。

もちづき コース 焼き物(鴨と筍)
もちづき コース 焼き物(鴨と筍)
もちづき コース 焼き物(鰆)
もちづき コース 焼き物(鰆)

「ここまで食べたお腹の具合はどうですか? よければ筍のさしみを出しますよ。」とご主人。
「せっかくだからいただこうよ。」という流れになり、こちらも人生初の筍のさしみ。シャクシャクという子気味の良い食感。
煮物は定番の若竹煮。上品なお出汁が筍に良くしゅんでて間違いのない美味しさ。お出汁飲み干したかったわ〜。

もちづき コース 筍のおさしみ
もちづき コース 筍のおさしみ
もちづき コース 煮物(若竹煮)
もちづき コース 煮物(若竹煮)

食事の最後はご飯と留椀、香の物。ご飯も筍ご飯でしたが、さらにもう一手間かけた焼きおにぎりに。
焼きおにぎりも好物。スタッフの頭のなかを読まれているのでは?とどきっとしたけれど、大満足の夜でした。

もちづき コース ご飯と留め碗、香の物
もちづき コース ご飯と留め碗、香の物

甘味はイチゴのソースがかかったバニラアイス、水羊羹、奥さんが手作りされたオレンジゼリー。
お料理をそれはもう堪能いたしましたが、器もとても素敵でした。最近は和食店でもモダンな器を使うところが多くなってきましたが、クラシカルな絵皿や金や銀を使った豪華な器など、目でも楽しめるコースでした。お代は10,000円は確実に超えたかと。
5,000円ぐらいからの定番コースがあるようですが、今回のように頼めばオーダーもできそうです。
そして外観ですが堪能しすぎて撮り忘れました。

CEO

コロナ禍でテイクアウトを始めたそうです。見た目も華やかなお弁当だそうで、こちらも食べてみたいです〜

もちづき コース 水菓子、甘味
もちづき コース 水菓子、甘味

旬の味もちづき

住所山梨県甲府市徳行1丁目17−11
電話番号055-226-8722
営業時間17:30〜22:00
定休日不定休
駐車場あり(店の前)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*