それでも春は近づいている山梨県内

100年に一度の大雪に見舞われた山梨県内は今も復旧のめどが立たない地域があります。
そういった場所だけではなく町中でも信号機が下を向いてしまっている被害が多く見られます。

下を向いた信号機

下を向いた信号機




こういった被害からドライバーが信号機の色が変わったことに気がつかず、信号無視をしてしまうケースが後を絶ちません。
歩行者用の信号が青に変わっても十分に注意して横断してくださいね。
下を向いた信号機

下を向いた信号機




また雪が溶けて落雪による事故も増えてきています。
二階屋の屋根から落ちてくる雪でたとえ車であっても屋根がつぶされてしまうこともあるそうです。
ご注意ください。
屋根から垂れ下がるつらら

屋根から垂れ下がるつらら




それでも足元に目を移せば、春が近づいてきていることを実感できます。
福寿草が雪をかいた下から出てきて花を咲かせていました。
ちょっとほっこりする光景ですよね。
雪の下から顔を出した福寿草

雪の下から顔を出した福寿草

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*